万葉集 第3巻 380番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻380番歌はこちらにまとめました。

第3巻 380番歌

第3巻
歌番号 380番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女祭神歌一首[并短歌])反歌
原文 木綿疊 手取持而 如此谷母 吾波乞甞 君尓不相鴨
訓読 木綿畳手に取り持ちてかくだにも我れは祈ひなむ君に逢はじかも
かな ゆふたたみ てにとりもちて かくだにも あれはこひなむ きみにあはじかも
英語(ローマ字) YUFUTATAMI TENITORIMOCHITE KAKUDANIMO AREHAKOHINAMU KIMINIAHAJIKAMO
木綿畳を両手に捧げて必死にお祈りしています。あなた様に逢えないかと思って。
左注 右歌者 以天平五年冬十一月供祭大伴氏神之時 聊作此歌 故曰祭神歌
校異 歌 [西] 謌 / 此歌 [西] 此謌
用語 雑歌、作者:坂上郎女、奈良、神祭、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました