万葉集 第3巻 250番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻250番歌はこちらにまとめました。

第3巻 250番歌

第3巻
歌番号 250番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 珠藻苅 敏馬乎過 夏草之 野嶋之埼尓 舟近著奴
訓読 玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近づきぬ
かな たまもかる みぬめをすぎて なつくさの のしまがさきに ふねちかづきぬ
英語(ローマ字) TAMAMOKARU MINUMEWOSUGITE NATSUKUSANO NOSHIMAGASAKINI FUNECHIKADUKINU
玉藻を刈っている敏馬(みぬめ)を過ぎて夏草が茂る野島が崎に舟は近づいてきた。
左注 一本云 處女乎過而 夏草乃 野嶋我埼尓 伊保里為吾等者
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、兵庫、道行き、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました