万葉集 第3巻 393番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻393番歌はこちらにまとめました。

第3巻 393番歌

第3巻
歌番号 393番歌
作者 沙弥満誓
題詞 満誓沙弥月歌一首
原文 不所見十方 孰不戀有米 山之末尓 射狭夜歴月乎 外見而思香
訓読 見えずとも誰れ恋ひざらめ山の端にいさよふ月を外に見てしか
かな みえずとも たれこひざらめ やまのはに いさよふつきを よそにみてしか
英語(ローマ字) MIEZUTOMO TAREKOHIZARAME YAMANOHANI ISAYOFUTSUKIWO YOSONIMITESHIKA
見えなくても誰がこころ惹かれずにおられよう。山の端にいざよう月を遠目にも見たいものだ。
左注
校異
用語 譬喩歌、作者:沙弥満誓、恋愛
タイトルとURLをコピーしました