万葉集 第3巻 394番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻394番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 394番歌

第3巻
歌番号394番歌
作者余明軍
題詞<余>明軍歌一首
原文印結而 我定義之 住吉乃 濱乃小松者 後毛吾松
訓読標結ひて我が定めてし住吉の浜の小松は後も我が松
かなしめゆひて わがさだめてし すみのえの はまのこまつは のちもわがまつ
英語(ローマ字)SHIMEYUHITE WAGASADAMETESHI SUMINOENO HAMANOKOMATSUHA NOCHIMOWAGAMATSU
少女の頃から目星をつけている住吉の浜の小松。成長するまで私は待つ。
左注
校異金 余 [紀][細]
用語譬喩歌、作者:余明軍、大阪、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました