万葉集 第3巻 290番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻290番歌はこちらにまとめました。

第3巻 290番歌

第3巻
歌番号 290番歌
作者 間人大浦
題詞 (間人宿祢大浦初月歌二首)
原文 椋橋乃 山乎高可 夜隠尓 出来月乃 光乏寸
訓読 倉橋の山を高みか夜隠りに出で来る月の光乏しき
かな くらはしの やまをたかみか よごもりに いでくるつきの ひかりともしき
英語(ローマ字) KURAHASHINO YAMAWOTAKAMIKA YOGOMORINI IDEKURUTSUKINO HIKARITOMOSHIKI
倉橋の山が高いせいか、夜遅くなってから出てくる月の光の乏しいこと。
左注
校異
用語 雑歌、作者:間人大浦、初瀬、地名
タイトルとURLをコピーしました