万葉集 第3巻 360番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻360番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 360番歌

第3巻
歌番号 360番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人歌六首)
原文 塩干去者 玉藻苅蔵 家妹之 濱L乞者 何矣示
訓読 潮干なば玉藻刈りつめ家の妹が浜づと乞はば何を示さむ
かな しほひなば たまもかりつめ いへのいもが はまづとこはば なにをしめさむ
英語(ローマ字) SHIHOHINABA TAMAMOKARITSUME IHENOIMOGA HAMADUTOKOHABA NANIWOSHIMESAMU
潮が引いたら藻を刈り取っておいてくれ。家の妻に土産はと乞われたら、藻をおいて他にいい土産があろうか言って渡したい。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、羈旅、植物、みやげ
タイトルとURLをコピーしました