万葉集 第3巻 360番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻360番歌はこちらにまとめました。

第3巻 360番歌

第3巻
歌番号 360番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人歌六首)
原文 塩干去者 玉藻苅蔵 家妹之 濱L乞者 何矣示
訓読 潮干なば玉藻刈りつめ家の妹が浜づと乞はば何を示さむ
かな しほひなば たまもかりつめ いへのいもが はまづとこはば なにをしめさむ
英語(ローマ字) SHIHOHINABA TAMAMOKARITSUME IHENOIMOGA HAMADUTOKOHABA NANIWOSHIMESAMU
潮が引いたら藻を刈り取っておいてくれ。家の妻に土産はと乞われたら、藻をおいて他にいい土産があろうか言って渡したい。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、羈旅、植物、みやげ
タイトルとURLをコピーしました