万葉集 第3巻 361番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻361番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 361番歌

第3巻
歌番号 361番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人歌六首)
原文 秋風乃 寒朝開乎 佐農能岡 将超公尓 衣借益矣
訓読 秋風の寒き朝明を佐農の岡越ゆらむ君に衣貸さましを
かな あきかぜの さむきあさけを さぬのをか こゆらむきみに きぬかさましを
英語(ローマ字) AKIKAZENO SAMUKIASAKEWO SANUNOWOKA KOYURAMUKIMINI KINUKASAMASHIWO
秋風が吹く寒い夜明けに佐農の岡を越えてゆかれるあなたに着物を貸してあげたい。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、羈旅、地名、兵庫県
タイトルとURLをコピーしました