万葉集 第3巻 286番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻286番歌はこちらにまとめました。

第3巻 286番歌

第3巻
歌番号 286番歌
作者 春日倉老(春日老)
題詞 春日蔵首老即和歌一首
原文 宜奈倍 吾背乃君之 負来尓之 此勢能山乎 妹者不喚
訓読 よろしなへ我が背の君が負ひ来にしこの背の山を妹とは呼ばじ
かな よろしなへ わがせのきみが おひきにし このせのやまを いもとはよばじ
英語(ローマ字) YOROSHINAHE WAGASENOKIMIGA OHIKINISHI KONOSENOYAMAWO IMOTOHAYOBAJI
よろしいじゃありませんか。人々が「我が背の君」と親しんで呼んできた「背の山」をいまさら「妹の山」とは呼べませんよ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:春日老、羈旅、土地讃美、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました