万葉集 第3巻 437番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻437番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 437番歌

第3巻
歌番号437番歌
作者河辺宮人
題詞(和銅四年辛亥河邊宮人見姫嶋松原美人屍哀慟作歌四首)
原文妹毛吾毛 清之河乃 河岸之 妹我可悔 心者不持
訓読妹も我れも清みの川の川岸の妹が悔ゆべき心は持たじ
かないももあれも きよみのかはの かはきしの いもがくゆべき こころはもたじ
英語(ローマ字)IMOMOAREMO KIYOMINOKAHANO KAHAKISHINO IMOGAKUYUBEKI KOKOROHAMOTAJI
私たちは、清らかな川のように歩み、川岸が崩れて濁る(後悔する)ことのないような心でありたい。
左注右案 年紀并所處<及>娘子屍作<歌>人名已見上也 但<歌>辞相違是非難別 因以累載於茲次焉
校異乃 及 [西(訂正)] / <> 歌 [西(右書)] 謌 [紀][温] / 歌 [西] 謌
用語挽歌、和銅4年、年紀、作者:河辺宮人、行路死人、大阪、飛鳥川、地名
タイトルとURLをコピーしました