万葉集 第3巻 411番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻411番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 411番歌

第3巻
歌番号411番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女橘歌一首)和歌一首
原文吾妹兒之 屋前之橘 甚近 殖而師故二 不成者不止
訓読我妹子がやどの橘いと近く植ゑてし故にならずはやまじ
かなわぎもこが やどのたちばな いとちかく うゑてしゆゑに ならずはやまじ
英語(ローマ字)WAGIMOKOGA YADONOTACHIBANA ITOCHIKAKU UゑTESHIYUゑNI NARAZUHAYAMAJI
お嬢さんの家の庭の橘はすぐ近くに植えてありますもの。橘を実らせないことがあってはいけませんよ。
左注
校異歌 [西] 謌
用語譬喩歌、作者:坂上郎女、植物
タイトルとURLをコピーしました