万葉集 第3巻 410番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻410番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 410番歌

第3巻
歌番号 410番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女橘歌一首
原文 橘乎 屋前尓殖生 立而居而 後雖悔 驗将有八方
訓読 橘を宿に植ゑ生ほし立ちて居て後に悔ゆとも験あらめやも
かな たちばなを やどにうゑおほし たちてゐて のちにくゆとも しるしあらめやも
英語(ローマ字) TACHIBANAWO YADONIUゑOHOSHI TACHITEゐTE NOCHINIKUYUTOMO SHIRUSHIARAMEYAMO
橘を庭に植えて育てるのに心配で居ても立ってもいられませんでした。後で後悔するようなことになっては仕方がありませんもの。
左注
校異
用語 譬喩歌、作者:坂上郎女、植物
タイトルとURLをコピーしました