万葉集 第3巻 296番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻296番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 296番歌

第3巻
歌番号 296番歌
作者 田口益人
題詞 田口益人大夫任上野國司時至駿河浄見埼作歌二首
原文 廬原乃 浄見乃埼乃 見穂之浦乃 寛見乍 物念毛奈信
訓読 廬原の清見の崎の三保の浦のゆたけき見つつ物思ひもなし
かな いほはらの きよみのさきの みほのうらの ゆたけきみつつ ものもひもなし
英語(ローマ字) IHOHARANO KIYOMINOSAKINO MIHONOURANO YUTAKEKIMITSUTSU MONOMOHIMONASHI
廬原(いほはら)の清見の崎の三保の浦の豊かな海。そののびやかな景色を見ていると、何の思いも起こらない。
左注
校異
用語 雑歌、作者:田口益人、羈旅、土地讃美、静岡、地名
タイトルとURLをコピーしました