万葉集 第3巻 319番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻319番歌はこちらにまとめました。

第3巻 319番歌

第3巻
歌番号 319番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 詠不盡山歌一首[并短歌]
原文 奈麻余美乃 甲斐乃國 打縁流 駿河能國与 己知其智乃 國之三中従 出<立>有 不盡能高嶺者 天雲毛 伊去波伐加利 飛鳥母 翔毛不上 燎火乎 雪以滅 落雪乎 火用消通都 言不得 名不知 霊母 座神香<聞> 石花海跡 名付而有毛 彼山之 堤有海曽 不盡河跡 人乃渡毛 其山之 水乃當焉 日本之 山跡國乃 鎮十方 座祇可間 寳十方 成有山可聞 駿河有 不盡能高峯者 雖見不飽香聞
訓読 なまよみの 甲斐の国 うち寄する 駿河の国と こちごちの 国のみ中ゆ 出で立てる 富士の高嶺は 天雲も い行きはばかり 飛ぶ鳥も 飛びも上らず 燃ゆる火を 雪もち消ち 降る雪を 火もち消ちつつ 言ひも得ず 名付けも知らず くすしくも います神かも せの海と 名付けてあるも その山の つつめる海ぞ 富士川と 人の渡るも その山の 水のたぎちぞ 日の本の 大和の国の 鎮めとも います神かも 宝とも なれる山かも 駿河なる 富士の高嶺は 見れど飽かぬかも
かな なまよみの かひのくに うちよする するがのくにと こちごちの くにのみなかゆ いでたてる ふじのたかねは あまくもも いゆきはばかり とぶとりも とびものぼらず もゆるひを ゆきもちけち ふるゆきを ひもちけちつつ いひもえず なづけもしらず くすしくも いますかみかも せのうみと なづけてあるも そのやまの つつめるうみぞ ふじかはと ひとのわたるも そのやまの みづのたぎちぞ ひのもとの やまとのくにの しづめとも いますかみかも たからとも なれるやまかも するがなる ふじのたかねは みれどあかぬかも
英語(ローマ字) NAMAYOMINO KAHINOKUNI UCHIYOSURU SURUGANOKUNITO KOCHIGOCHINO KUNINOMINAKAYU IDETATERU FUJINOTAKANEHA AMAKUMOMO IYUKIHABAKARI TOBUTORIMO TOBIMONOBORAZU MOYURUHIWO YUKIMOCHIKECHI FURUYUKIWO HIMOCHIKECHITSUTSU IHIMOEZU NADUKEMOSHIRAZU KUSUSHIKUMO IMASUKAMIKAMO SENOUMITO NADUKETEARUMO SONOYAMANO TSUTSUMERUUMIZO FUJIKAHATO HITONOWATARUMO SONOYAMANO MIDUNOTAGICHIZO HINOMOTONO YAMATONOKUNINO SHIDUMETOMO IMASUKAMIKAMO TAKARATOMO NARERUYAMAKAMO SURUGANARU FUJINOTAKANEHA MIREDOAKANUKAMO
甲斐の国(山梨県)と駿河の国(静岡県中部)にまたがって真ん中にそびえ立つ富士の高嶺。天雲も行く手を阻まれ、飛ぶ鳥も頂上までは飛べず。燃える火は雪で消し止める。降り続いた雪は火や陽光で溶かす。言いようもなく、名付けようもなく、なんとも霊妙な神でいらっしゃる。せの海(西湖と精進湖)と名付けられているが、富士山が囲った湖だ。 富士川といって人が渡る川も、富士山の水がたぎり落ちたものだ。日の本の大和の国を鎮めたまう神であり宝ともなっている山。駿河の国の富士の高嶺は見ても見ても見飽きない。
左注 ?(右一首高橋連蟲麻呂之歌中出焉 以類載此)
校異 短歌 [西] 短謌 / 之 立 [古] / <> 聞 [西(右書)][類][古][紀]
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂、富士山、静岡、枕詞、地名、土地讃美、羈旅
タイトルとURLをコピーしました