万葉集 第3巻 302番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻302番歌はこちらにまとめました。

第3巻 302番歌

第3巻
歌番号 302番歌
作者 阿倍広庭
題詞 中納言阿倍廣庭卿歌一首
原文 兒等之家道 差間遠焉 野干<玉>乃 夜渡月尓 競敢六鴨
訓読 子らが家道やや間遠きをぬばたまの夜渡る月に競ひあへむかも
かな こらがいへぢ ややまどほきを ぬばたまの よわたるつきに きほひあへむかも
英語(ローマ字) KORAGAIHEDI YAYAMADOHOKIWO NUBATAMANO YOWATARUTSUKINI KIHOHIAHEMUKAMO
あの娘が住む家までまだ遠い。月が沈む頃までに到着できるだろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 子 玉 [西(左書)][類][細]
用語 雑歌、作者:阿倍広庭、恋愛
タイトルとURLをコピーしました