万葉集 第3巻 303番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻303番歌はこちらにまとめました。

第3巻 303番歌

第3巻
歌番号 303番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂下筑紫國時海路作歌二首
原文 名細寸 稲見乃海之 奥津浪 千重尓隠奴 山跡嶋根者
訓読 名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は
かな なぐはしき いなみのうみの おきつなみ ちへにかくりぬ やまとしまねは
英語(ローマ字) NAGUHASHIKI INAMINOUMINO OKITSUNAMI CHIHENIKAKURINU YAMATOSHIMANEHA
その名も美しい印南の海の沖の波が幾重にも重なって、とうとう故郷大和の山々も見えなくなってしまった。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、望郷、兵庫、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました