万葉集 第3巻 304番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻304番歌はこちらにまとめました。

第3巻 304番歌

第3巻
歌番号 304番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂下筑紫國時海路作歌二首)
原文 大王之 遠乃朝庭跡 蟻通 嶋門乎見者 神代之所念
訓読 大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代し思ほゆ
かな おほきみの とほのみかどと ありがよふ しまとをみれば かむよしおもほゆ
英語(ローマ字) OHOKIMINO TOHONOMIKADOTO ARIGAYOFU SHIMATOWOMIREBA KAMUYOSHIOMOHOYU
大君の遠い朝廷として往来する出入り口(明石海峡)を見ると、遠い、遠い神世のことが偲ばれる。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、兵庫、土地讃美、地名

解説

「おほきみ」は天皇のこと。その朝廷はむろん大和(奈良県)にあるが、その支庁ともいうべき朝廷が九州太宰府に置かれていた。それを「遠の朝廷」(とほのみかど)と呼んでいた。「あり通ふ」は「その朝廷に往来すること」をいう。太宰府と大和の間には瀬戸内海の島々があり、当時の官人たちは船で往来していた。島門(しまと)は明石海峡のことで、往来時の出入り口とみなしていた。神代(かみよ)とは『古事記』及び『日本書紀』に記されている神話の時代のこと。

タイトルとURLをコピーしました