万葉集 第3巻 301番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻301番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 301番歌

第3巻
歌番号301番歌
作者長屋王
題詞(長屋王駐馬寧樂山作歌二首)
原文磐金之 凝敷山乎 超不勝而 哭者泣友 色尓将出八方
訓読岩が根のこごしき山を越えかねて音には泣くとも色に出でめやも
かないはがねの こごしきやまを こえかねて ねにはなくとも いろにいでめやも
英語(ローマ字)IHAGANENO KOGOSHIKIYAMAWO KOEKANETE NENIHANAKUTOMO IRONIIDEMEYAMO
根を張ったように岩がごつごつした山を越えかねておいおいと声をだして泣きたくなることはあっても、顔色に出すことがあろうか。
左注
校異
用語雑歌、作者:長屋王、羈旅、望郷、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました