万葉集 第3巻 349番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻349番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 349番歌

第3巻
歌番号349番歌
作者大伴旅人
題詞(<大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首)
原文生者 遂毛死 物尓有者 今生在間者 樂乎有名
訓読生ける者遂にも死ぬるものにあればこの世なる間は楽しくをあらな
かないけるもの つひにもしぬる ものにあれば このよなるまは たのしくをあらな
英語(ローマ字)IKERUMONO TSUHINIMOSHINURU MONONIAREBA KONOYONARUMAHA TANOSHIKUWOARANA
生ける者は結局死ぬのだからこの世にある間は楽しくありたい。
左注
校異
用語雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました