万葉集 第3巻 407番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻407番歌はこちらにまとめました。

第3巻 407番歌

第3巻
歌番号 407番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 大伴宿祢駿河麻呂娉同坂上家之二嬢歌一首
原文 春霞 春日里之 殖子水葱 苗有跡云師 柄者指尓家牟
訓読 春霞春日の里の植ゑ子水葱苗なりと言ひし枝はさしにけむ
かな はるかすみ かすがのさとの うゑこなぎ なへなりといひし えはさしにけむ
英語(ローマ字) HARUKASUMI KASUGANOSATONO UゑKONAGI NAHENARITOIHISHI EHASASHINIKEMU
春霞たなびく春日の里に植えた水葱(なぎ)は苗だったのにもう今では枝が出てきて立派に成長されましたね。
左注
校異
用語 譬喩歌、作者:大伴駿河麻呂、坂上二嬢、奈良、地名、植物、贈答、恋愛
タイトルとURLをコピーしました