万葉集 第3巻 256番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻256番歌はこちらにまとめました。

第3巻 256番歌

第3巻
歌番号 256番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 飼飯海乃 庭好有之 苅薦乃 乱出所見 海人釣船
訓読 笥飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船
かな けひのうみの にはよくあらし かりこもの みだれていづみゆ あまのつりぶね
英語(ローマ字) KEHINOUMINO NIHAYOKUARASHI KARIKOMONO MIDARETEIDUMIYU AMANOTSURIBUNE
笥飯(けひ)の海は海面がおだやかなようだ。多くの漁師の釣り船が入り乱れて出てきているのが見える。
左注 一本云 武庫乃海 舳尓波有之 伊射里為流 海部乃釣船 浪上従所見
校異 海舳尓波 [紀]朱書 [全註釈] 海能尓波好 [訓 海の庭よくあらし]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、魂触り、兵庫、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました