万葉集 第3巻 255番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻255番歌はこちらにまとめました。

第3巻 255番歌

第3巻
歌番号 255番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 天離 夷之長道従 戀来者 自明門 倭嶋所見 [一本云 家門當見由]
訓読 天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ [一本云 家のあたり見ゆ]
かな あまざかる ひなのながちゆ こひくれば あかしのとより やまとしまみゆ [いへのあたりみゆ]
英語(ローマ字) AMAZAKARU HINANONAGACHIYU KOHIKUREBA AKASHINOTOYORI YAMATOSHIMAMIYU [IHENOATARIMIYU]
遠く離れた田舎からの長旅を恋しさにせかされて明石海峡までやってきたらその先に恋しい大和が見える気がする。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、望郷、兵庫、地名、枕詞

解説

「天離る鄙の長道ゆ」は「遠く離れた田舎からの長旅」という意味。前歌(254番歌)が往路でこの歌が復路となる。

タイトルとURLをコピーしました