万葉集 第3巻 376番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻376番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 376番歌

第3巻
歌番号376番歌
作者湯原王
題詞湯原王宴席歌二首
原文秋津羽之 袖振妹乎 珠匣 奥尓念乎 見賜吾君
訓読あきづ羽の袖振る妹を玉櫛笥奥に思ふを見たまへ我が君
かなあきづはの そでふるいもを たまくしげ おくにおもふを みたまへあがきみ
英語(ローマ字)AKIDUHANO SODEFURUIMOWO TAMAKUSHIGE OKUNIOMOFUWO MITAMAHEAGAKIMI
トンボの羽のような薄衣をまとって踊る彼女を私は密かに思っているのだが、きれいだろ彼女は、なあ君。
左注
校異
用語雑歌、作者:湯原王、宴席、枕詞
タイトルとURLをコピーしました