万葉集 第3巻 479番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻479番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 479番歌

第3巻
歌番号479番歌
作者大伴家持
題詞(十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首)反歌
原文波之吉可聞 皇子之命乃 安里我欲比 見之活道乃 路波荒尓鷄里
訓読はしきかも皇子の命のあり通ひ見しし活道の道は荒れにけり
かなはしきかも みこのみことの ありがよひ めししいくぢの みちはあれにけり
英語(ローマ字)HASHIKIKAMO MIKONOMIKOTONO ARIGAYOHI MESHISHIIKUDINO MICHIHAARENIKERI
いとおしい皇子様がかって通われていた活道(いくぢ)山への道は、すっかり荒れてしまった。
左注(右三首三月廿四日作歌)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴家持、内舎人、安積皇子、天平16年3月24日、年紀
タイトルとURLをコピーしました