万葉集 第3巻 267番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻267番歌はこちらにまとめました。

第3巻 267番歌

第3巻
歌番号 267番歌
作者 志貴皇子
題詞 志貴皇子御歌一首
原文 牟佐々婢波 木末求跡 足日木乃 山能佐都雄尓 相尓来鴨
訓読 むささびは木末求むとあしひきの山のさつ男にあひにけるかも
かな むささびは こぬれもとむと あしひきの やまのさつをに あひにけるかも
英語(ローマ字) MUSASABIHA KONUREMOTOMUTO ASHIHIKINO YAMANOSATSUWONI AHINIKERUKAMO
むささびが梢から梢に滑空して飛び移っている内に偶然に漁師に出会ってしまった。
左注
校異
用語 雑歌、作者:志貴皇子、猟、動物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました