万葉集 第3巻 237番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻237番歌はこちらにまとめました。

第3巻 237番歌

第3巻
歌番号 237番歌
作者 志斐嫗
題詞 志斐嫗奉和歌一首 [嫗名未詳]
原文 不聴雖謂 語礼々々常 詔許曽 志斐伊波奏 強<語>登言
訓読 いなと言へど語れ語れと宣らせこそ志斐いは申せ強ひ語りと詔る
かな いなといへど かたれかたれと のらせこそ しひいはまをせ しひかたりとのる
英語(ローマ字) INATOIHEDO KATAREKATARETO NORASEKOSO SHIHIIHAMAWOSE SHIHIKATARITONORU
聞きたくないとおっしゃりながら語れ語れと無理強いなさったのはあなた様ではございませんか。なのでこの志斐めはあえてお話申し上げたんですよ。
左注
校異 話 語 [紀]
用語 雑歌、作者:志斐嫗、持統、問答
タイトルとURLをコピーしました