万葉集 第3巻 279番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻279番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 279番歌

第3巻
歌番号 279番歌
作者 高市黒人
題詞 高市連黒人歌二首
原文 吾妹兒二 猪名野者令見都 名次山 角松原 何時可将示
訓読 我妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむ
かな わぎもこに ゐなのはみせつ なすきやま つののまつばら いつかしめさむ
英語(ローマ字) WAGIMOKONI ゐNANOHAMISETSU NASUKIYAMA TSUNONOMATSUBARA ITSUKASHIMESAMU
我が妻に猪名野(いなの)は見せてやることが出来た。名次山(なすぎやま)も角(つの)の松原もいつか見せてやりたい。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、兵庫、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました