万葉集 第3巻 467番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻467番歌はこちらにまとめました。

第3巻 467番歌

第3巻
歌番号 467番歌
作者 大伴家持
題詞 (又家持作歌一首[并短歌])反歌
原文 時者霜 何時毛将有乎 情哀 伊去吾妹可 <若>子乎置而
訓読 時はしもいつもあらむを心痛くい行く我妹かみどり子を置きて
かな ときはしも いつもあらむを こころいたく いゆくわぎもか みどりこをおきて
英語(ローマ字) TOKIHASHIMO ITSUMOARAMUWO KOKOROITAKU IYUKUWAGIMOKA MIDORIKOWOOKITE
死ぬ時はいつであってもいいだろうに、幼児を置いてなぜ今の今旅立ってしまったんだ。
左注
校異 君 若 [類][古]
用語 挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました