万葉集 第3巻 330番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻330番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 330番歌

第3巻
歌番号330番歌
作者大伴四綱
題詞(防人司佑大伴四綱歌二首)
原文藤浪之 花者盛尓 成来 平城京乎 御念八君
訓読藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君
かなふぢなみの はなはさかりに なりにけり ならのみやこを おもほすやきみ
英語(ローマ字)FUDINAMINO HANAHASAKARINI NARINIKERI NARANOMIYAKOWO OMOHOSUYAKIMI
波打つように咲きほこる藤の花は今こそ盛りを迎えています。(長官は)奈良の都を思い出されておられましょうか。
左注
校異
用語雑歌、作者:大伴四綱、太宰府、福岡、地名、望郷
タイトルとURLをコピーしました