万葉集 第3巻 330番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻330番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 330番歌

第3巻
歌番号 330番歌
作者 大伴四綱
題詞 (防人司佑大伴四綱歌二首)
原文 藤浪之 花者盛尓 成来 平城京乎 御念八君
訓読 藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君
かな ふぢなみの はなはさかりに なりにけり ならのみやこを おもほすやきみ
英語(ローマ字) FUDINAMINO HANAHASAKARINI NARINIKERI NARANOMIYAKOWO OMOHOSUYAKIMI
波打つように咲きほこる藤の花は今こそ盛りを迎えています。(長官は)奈良の都を思い出されておられましょうか。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴四綱、太宰府、福岡、地名、望郷
タイトルとURLをコピーしました