万葉集 第3巻 359番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻359番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 359番歌

第3巻
歌番号 359番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人歌六首)
原文 阿倍乃嶋 宇乃住石尓 依浪 間無比来 日本師所念
訓読 阿倍の島鵜の住む磯に寄する波間なくこのころ大和し思ほゆ
かな あへのしま うのすむいそに よするなみ まなくこのころ やまとしおもほゆ
英語(ローマ字) AHENOSHIMA UNOSUMUISONI YOSURUNAMI MANAKUKONOKORO YAMATOSHIOMOHOYU
阿倍の島の磯に鵜が住み着いている。その磯に絶え間なく波が打ち寄せる。その波のように絶え間なくこの頃(しきりに)大和が思われる。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、阿倍の島、大阪、和歌山、羈旅、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました