万葉集 第3巻 358番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻358番歌はこちらにまとめました。

第3巻 358番歌

第3巻
歌番号358番歌
作者山部赤人
題詞(山部宿祢赤人歌六首)
原文武庫浦乎 榜轉小舟 粟嶋矣 背尓見乍 乏小舟
訓読武庫の浦を漕ぎ廻る小舟粟島をそがひに見つつ羨しき小舟
かなむこのうらを こぎみるをぶね あはしまを そがひにみつつ ともしきをぶね
英語(ローマ字)MUKONOURAWO KOGIMIRUWOBUNE AHASHIMAWO SOGAHINIMITSUTSU TOMOSHIKIWOBUNE
武庫の浦を粟島を背後に小舟がのんびり漕ぎ廻っている。羨ましい限り。
左注
校異
用語雑歌、作者:山部赤人、武庫の浦、兵庫、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました