万葉集 第3巻 383番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻383番歌はこちらにまとめました。

第3巻 383番歌

第3巻
歌番号 383番歌
作者 丹比国人
題詞 (登筑波岳丹比真人國人作歌一首[并短歌])反歌
原文 築羽根矣 Z耳見乍 有金手 雪消乃道矣 名積来有鴨
訓読 筑波嶺を外のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ来るかも
かな つくはねを よそのみみつつ ありかねて ゆきげのみちを なづみけるかも
英語(ローマ字) TSUKUHANEWO YOSONOMIMITSUTSU ARIKANETE YUKIGENOMICHIWO NADUMIKERUKAMO
筑波山をよそながら見ているだけではいられなくなって、雪解け道にかかわらず、難渋しながらやってきた。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:丹比国人、筑波、茨城、山讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました