万葉集 第3巻 357番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻357番歌はこちらにまとめました。

第3巻 357番歌

第3巻
歌番号357番歌
作者山部赤人
題詞山部宿祢赤人歌六首
原文縄浦従 背向尓所見 奥嶋 榜廻舟者 釣為良下
訓読縄の浦ゆそがひに見ゆる沖つ島漕ぎ廻る舟は釣りしすらしも
かななはのうらゆ そがひにみゆる おきつしま こぎみるふねは つりしすらしも
英語(ローマ字)NAHANOURAYU SOGAHINIMIYURU OKITSUSHIMA KOGIMIRUFUNEHA TSURISHISURASHIMO
縄の浦の背後に見える沖に浮かぶ島、その島の辺りを漕ぎめぐっている舟は釣りをしているようだ。
左注
校異
用語雑歌、作者:山部赤人、縄の浦、兵庫、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました