万葉集 第3巻 298番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻298番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 298番歌

第3巻
歌番号 298番歌
作者 弁基
題詞 弁基歌一首
原文 亦打山 暮越行而 廬前乃 角太川原尓 獨可毛将宿
訓読 真土山夕越え行きて廬前の角太川原にひとりかも寝む
かな まつちやま ゆふこえゆきて いほさきの すみだかはらに ひとりかもねむ
英語(ローマ字) MATSUCHIYAMA YUFUKOEYUKITE IHOSAKINO SUMIDAKAHARANI HITORIKAMONEMU
真土山を夕方越えていって廬前(くらさき)の角太川原(すみだがはら)で一人野宿することになるのだろうか。
左注 右或云 弁基者春日蔵首老之法師名也
校異
用語 雑歌、作者:弁基、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました