万葉集 第3巻 271番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻271番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 271番歌

第3巻
歌番号271番歌
作者高市黒人
題詞(高市連黒人覊旅歌八首)
原文櫻田部 鶴鳴渡 年魚市方 塩干二家良之 鶴鳴渡
訓読桜田へ鶴鳴き渡る年魚市潟潮干にけらし鶴鳴き渡る
かなさくらだへ たづなきわたる あゆちがた しほひにけらし たづなきわたる
英語(ローマ字)SAKURADAHE TADUNAKIWATARU AYUCHIGATA SHIHOHINIKERASHI TADUNAKIWATARU
桜田へ鶴が鳴きながら渡っていく。年魚市潟(あゆちがた)、潮が引いたのだろう。鶴が鳴きながら渡っていく。
左注
校異
用語雑歌、作者:高市黒人、羈旅、名古屋、愛知、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました