万葉集 第3巻 332番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻332番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 332番歌

第3巻
歌番号332番歌
作者大伴旅人
題詞(帥大伴卿歌五首)
原文吾命毛 常有奴可 昔見之 象<小>河乎 行見為
訓読我が命も常にあらぬか昔見し象の小川を行きて見むため
かなわがいのちも つねにあらぬか むかしみし きさのをがはを ゆきてみむため
英語(ローマ字)WAGAINOCHIMO TSUNENIARANUKA MUKASHIMISHI KISANOWOGAHAWO YUKITEMIMUTAME
私の命が続くなら、昔見た象の小川に行ってもう一度見てみたい。
左注
校異少 小 [類][細]
用語雑歌、作者:大伴旅人、太宰府、福岡、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました