万葉集 第3巻 448番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻448番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 448番歌

第3巻
歌番号 448番歌
作者 大伴旅人
題詞 (天平二年庚午冬十二月大宰帥<大>伴卿向京上道之時作歌五首)
原文 礒上丹 根蔓室木 見之人乎 何在登問者 語将告可
訓読 礒の上に根延ふむろの木見し人をいづらと問はば語り告げむか
かな いそのうへに ねばふむろのき みしひとを いづらととはば かたりつげむか
英語(ローマ字) ISONOUHENI NEBAFUMURONOKI MISHIHITOWO IDURATOTOHABA KATARITSUGEMUKA
磯の上に根を這わせるむろの木よ、共に見たあの人はどちらにいると問うたなら、語り聞かせてくれようか。
左注 右三首過鞆浦日作歌
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、岡山、地名、植物、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました