万葉集 第3巻 449番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻449番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 449番歌

第3巻
歌番号 449番歌
作者 大伴旅人
題詞 (天平二年庚午冬十二月大宰帥<大>伴卿向京上道之時作歌五首)
原文 与妹来之 敏馬能埼乎 還左尓 獨<之>見者 涕具末之毛
訓読 妹と来し敏馬の崎を帰るさにひとりし見れば涙ぐましも
かな いもとこし みぬめのさきを かへるさに ひとりしみれば なみたぐましも
英語(ローマ字) IMOTOKOSHI MINUMENOSAKIWO KAHERUSANI HITORISHIMIREBA NAMITAGUMASHIMO
妻とやってきた敏馬(みぬめ)の崎を今は一人で見ているかと思うと、思わず涙がにじんでくる。
左注 (右二首過敏馬埼日作歌)
校異 而 之 [古]
用語 挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、兵庫、地名、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました