万葉集 第3巻 450番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻450番歌はこちらにまとめました。

第3巻 450番歌

第3巻
歌番号 450番歌
作者 大伴旅人
題詞 (天平二年庚午冬十二月大宰帥<大>伴卿向京上道之時作歌五首)
原文 去左尓波 二吾見之 此埼乎 獨過者 情悲<喪> [一云 見毛左可受伎濃]
訓読 行くさにはふたり我が見しこの崎をひとり過ぐれば心悲しも [一云 見も放かず来ぬ]
かな ゆくさには ふたりわがみし このさきを ひとりすぐれば こころかなしも [みもさかずきぬ]
英語(ローマ字) YUKUSANIHA FUTARIWAGAMISHI KONOSAKIWO HITORISUGUREBA KOKOROKANASHIMO [MIMOSAKAZUKINU]
行くときはふたりで共に見たこの崎を今は一人で通り過ぎると思うと、心悲しい。
左注 右二首過敏馬埼日作歌
校異 哀 喪 [西(貼紙訂正)][古][細] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、兵庫、地名、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました