万葉集 第3巻 451番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻451番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 451番歌

第3巻
歌番号451番歌
作者大伴旅人
題詞還入故郷家即作歌三首
原文人毛奈吉 空家者 草枕 旅尓益而 辛苦有家里
訓読人もなき空しき家は草枕旅にまさりて苦しかりけり
かなひともなき むなしきいへは くさまくら たびにまさりて くるしかりけり
英語(ローマ字)HITOMONAKI MUNASHIKIIHEHA KUSAMAKURA TABINIMASARITE KURUSHIKARIKERI
ひとけのないがらんとした家はその長旅にもまさって辛く苦しい。
左注
校異歌 [西] 謌
用語挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、奈良、地名、枕詞、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました