万葉集 第3巻 355番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻355番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 355番歌

第3巻
歌番号 355番歌
作者 生石真人
題詞 生石村主真人歌一首
原文 大汝 小彦名乃 将座 志都乃石室者 幾代将經
訓読 大汝少彦名のいましけむ志都の石屋は幾代経にけむ
かな おほなむち すくなひこなの いましけむ しつのいはやは いくよへにけむ
英語(ローマ字) OHONAMUCHI SUKUNAHIKONANO IMASHIKEMU SHITSUNOIHAYAHA IKUYOHENIKEMU
大汝(おほなむち)と少彦名(すくなひこな)の二神がいらっしゃったという、この志都(しつ)の石屋(いはや)は幾代の年月を経てきたことだろう。
左注
校異
用語 雑歌、作者:生石真人、静の岩屋、島根、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました