万葉集 第3巻 354番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻354番歌はこちらにまとめました。

第3巻 354番歌

第3巻
歌番号354番歌
作者日置少老
題詞日置少老歌一首
原文縄乃浦尓 塩焼火氣 夕去者 行過不得而 山尓棚引
訓読縄の浦に塩焼く煙夕されば行き過ぎかねて山にたなびく
かななはのうらに しほやくけぶり ゆふされば ゆきすぎかねて やまにたなびく
英語(ローマ字)NAHANOURANI SHIHOYAKUKEBURI YUFUSAREBA YUKISUGIKANETE YAMANITANABIKU
縄の浦に塩を焼く煙、夕方になると行く手を阻まれ、山にたなびいている。
左注
校異
用語雑歌、作者:日置少老、縄の浦、兵庫、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました