万葉集 第3巻 390番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻390番歌はこちらにまとめました。

第3巻 390番歌

第3巻
歌番号 390番歌
作者 紀皇女
題詞 紀皇女御歌一首
原文 軽池之 b廻徃轉留 鴨尚尓 玉藻乃於丹 獨宿名久二
訓読 軽の池の浦廻行き廻る鴨すらに玉藻の上にひとり寝なくに
かな かるのいけの うらみゆきみる かもすらに たまものうへに ひとりねなくに
英語(ローマ字) KARUNOIKENO URAMIYUKIMIRU KAMOSURANI TAMAMONOUHENI HITORINENAKUNI
軽の池の岸の周辺を泳ぎ回る鴨たち。その鴨でさえ玉藻の上にひとり寝ることはないというのに。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌
用語 譬喩歌、作者:紀皇女、飛鳥、孤独、恋愛、動物
タイトルとURLをコピーしました