万葉集 第3巻 264番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻264番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 264番歌

第3巻
歌番号264番歌
作者柿本人麻呂
題詞柿本朝臣人麻呂従近江國上来時至宇治河邊作歌一首
原文物乃部能 八十氏河乃 阿白木尓 不知代經浪乃 去邊白不母
訓読もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波のゆくへ知らずも
かなもののふの やそうぢかはの あじろきに いさよふなみの ゆくへしらずも
英語(ローマ字)MONONOFUNO YASOUDIKAHANO AJIROKINI ISAYOFUNAMINO YUKUHESHIRAZUMO
宇治川の網代木にただよう川波はどこへ流れていくか行方知れない。
左注
校異歌 [西] 謌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、不安、宇治、京都、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました