万葉集 第3巻 389番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻389番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 389番歌

第3巻
歌番号389番歌
作者作者不詳
題詞(羈旅歌一首[并短歌])反歌
原文嶋傳 敏馬乃埼乎 許藝廻者 日本戀久 鶴左波尓鳴
訓読島伝ひ敏馬の崎を漕ぎ廻れば大和恋しく鶴さはに鳴く
かなしまつたひ みぬめのさきを こぎみれば やまとこほしく たづさはになく
英語(ローマ字)SHIMATSUTAHI MINUMENOSAKIWO KOGIMIREBA YAMATOKOHOSHIKU TADUSAHANINAKU
島伝いに敏馬の崎を漕いでいくと、群がって鳴き交わす鶴たちの声が故郷大和への恋しさをつのらせる。
左注右歌若宮年魚麻呂誦之 但未審作者
校異歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌
用語雑歌、羈旅、伝誦、若年魚麻呂、兵庫、望郷、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました