万葉集 第3巻 440番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻440番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 440番歌

第3巻
歌番号 440番歌
作者 大伴旅人
題詞 (神龜五年戊辰大宰帥<大>伴卿思戀故人歌三首)
原文 在<京> 荒有家尓 一宿者 益旅而 可辛苦
訓読 都なる荒れたる家にひとり寝ば旅にまさりて苦しかるべし
かな みやこなる あれたるいへに ひとりねば たびにまさりて くるしかるべし
英語(ローマ字) MIYAKONARU ARETARUIHENI HITORINEBA TABINIMASARITE KURUSHIKARUBESHI
都に帰って荒れた家にたったひとり寝るのは旅にも増してわびしくつらいものだ、ああ。
左注 右二首臨近向京之時作歌
校異 京師 京 [類][紀]
用語 挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、神龜5年、年紀
タイトルとURLをコピーしました