万葉集 第3巻 477番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻477番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 477番歌

第3巻
歌番号 477番歌
作者 大伴家持
題詞 ((十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首)反歌)
原文 足桧木乃 山左倍光 咲花乃 散去如寸 吾王香聞
訓読 あしひきの山さへ光り咲く花の散りぬるごとき我が大君かも
かな あしひきの やまさへひかり さくはなの ちりぬるごとき わがおほきみかも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASAHEHIKARI SAKUHANANO CHIRINURUGOTOKI WAGAOHOKIMIKAMO
皇子から発する光で輝くように咲いていた山の花が一斉に散ってしまいました。わが皇子がお隠れになったので。
左注 右三首二月三日作歌
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、作者:大伴家持、内舎人、安積皇子、天平16年2月3日、年紀
タイトルとURLをコピーしました