万葉集 第3巻 245番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻245番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 245番歌

第3巻
歌番号245番歌
作者長田王
題詞長田王被遣筑紫渡水嶋之時歌二首
原文如聞 真貴久 奇母 神左備居賀 許礼能水嶋
訓読聞きしごとまこと尊くくすしくも神さびをるかこれの水島
かなききしごと まことたふとく くすしくも かむさびをるか これのみづしま
英語(ローマ字)KIKISHIGOTO MAKOTOTAFUTOKU KUSUSHIKUMO KAMUSABIWORUKA KORENOMIDUSHIMA
かねて聞き及んでいたとおり、貴く、霊妙で神々しい島だ。この水島は。
左注
校異
用語雑歌、作者:長田王、羈旅、土地讃美、水俣、熊本、地名
タイトルとURLをコピーしました