万葉集 第3巻 468番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻468番歌はこちらにまとめました。

第3巻 468番歌

第3巻
歌番号468番歌
作者大伴家持
題詞((又家持作歌一首[并短歌])反歌)
原文出行 道知末世波 豫 妹乎将留 塞毛置末思乎
訓読出でて行く道知らませばあらかじめ妹を留めむ関も置かましを
かないでてゆく みちしらませば あらかじめ いもをとどめむ せきもおかましを
英語(ローマ字)IDETEYUKU MICHISHIRAMASEBA ARAKAJIME IMOWOTODOMEMU SEKIMOOKAMASHIWO
旅立って行く道さえあらかじめ知っていれば、彼女を留める関を作っておいたのに。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました