万葉集 第3巻 401番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻401番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 401番歌

第3巻
歌番号401番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女宴親族之日吟歌一首
原文山守之 有家留不知尓 其山尓 標結立而 結之辱為都
訓読山守のありける知らにその山に標結ひ立てて結ひの恥しつ
かなやまもりの ありけるしらに そのやまに しめゆひたてて ゆひのはぢしつ
英語(ローマ字)YAMAMORINO ARIKERUSHIRANI SONOYAMANI SHIMEYUHITATETE YUHINOHADISHITSU
山を管理する山番がいるとも知らず、その山に標杭を立てて縄を張るなんてまあ恥ずかしい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語譬喩歌、作者:坂上郎女、宴席、誦詠
タイトルとURLをコピーしました