万葉集 第3巻 280番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻280番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 280番歌

第3巻
歌番号 280番歌
作者 高市黒人
題詞 (高市連黒人歌二首)
原文 去来兒等 倭部早 白菅乃 真野乃榛原 手折而将歸
訓読 いざ子ども大和へ早く白菅の真野の榛原手折りて行かむ
かな いざこども やまとへはやく しらすげの まののはりはら たをりてゆかむ
英語(ローマ字) IZAKODOMO YAMATOHEHAYAKU SHIRASUGENO MANONOHARIHARA TAWORITEYUKAMU
さあ、一同大和へ早く帰ろう、白い菅(すげ草)が群生する真野(神戸市内)の榛(ハンノキ)の枝を手折っていこうではないか。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、兵庫、地名、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました